null
インターネットでの情報発信の方法もずいぶんと変わってきましたね。
特にSNSの登場は大きいです。
ブログが登場した時もそうでしたが、ホームページの必要性が問われるようになっています。
確かにホームページだけでは、どうしようもない時代になったことは間違いありません。
それはどういうことでしょうか?
ブログができたころ、これは凄い!世界は変わる!とか思った時がありました。
SNSの登場でもうひっくり返りました。(笑)
どこまで行くのですかね?
皆さんはホームページ、ブログ、SNSを上手に使いこなしていますか?

ホームページ・ブログ・SNSの特徴を理解しよう


ぼくはもう勘弁してくださいって感じなんですが、仕事がらそうは言っていられません。
どうしたら効果的にインターネットをビジネスに結び付けられるか?
それをお客様に提供する立場にある以上ちゃんと考えないといけません。
で、それぞれの特徴をまとめてみました。
null

情報の新しさ

勝負は決まっています。SNSでしょう!

情報の寿命

これはホームページにはかないませんね!

情報拡散

これはSNSにはかないません。

滞在時間

それはもうホームページでしょう!

検索エンジンとの相性

それはブログが強いでしょう!


ここで分かることは、短所長所がそれぞれあるってことです。
つまりどれか一つでは効果が薄いということになります。
答えは全て使う、ではないでしょうか?

もっと正確に言うと使い分けをきちんとしそれぞれの長所を利用するってことではないでしょうか?

ホームページ・ブログ・SNSの目的とは?



ホームページ

ホームページは基本となる情報をわかりやすくまとめておく場所。
(静的にまとめられた情報)

ブログ

ブログはホームページにある基本情報をより深く細かく紹介する場所。
(顧客ニーズを理解しその時々の状況に合わせ情報を発信する。)

SNS

最後にSNSはそれらの情報へ誘導する場所。
(ブログの情報やホームページの情報への誘導としてのコマーシャルが目的)



ということになるかと思います。
成約率を上げるには顧客ニーズを満足させ買いたくなるような情報がないといけません。
つまり、じっくりと見てもらい比較検討してもらう、それがコンバージョン率(成約率)を上げるためには重要です。
そのためにはSNSでもなく、ブログでもなくホームページなのです。

まとめ


ここまで考えてくると、もし何か商品を売りたい、注文をとりたい、それが目的でインターネットを利用したいと思っているのであれば、今の状況からするとどれか一つ持ったところで効果は上がらないと考えた方がよさそうです。
それぞれの特徴を理解し、目的に合わせ何をどう使うか、どう組み合わせたら効果的かなどしっかりプランを立てましょう。